リサイズshutterstock_93060556

それでは今回は、糖質制限を続けるためのポイントを紹介していきます。

 

1 糖質をゼロにしない

100から0にするのではなく、30〜40くらいにしましょう。
脳の唯一のエネルギーは糖質だということも忘れずに。

 

2 食事量を増やす

リサイズshutterstock_18967447

摂取カロリーの半分以上をしめる糖質をカットしてしまえば、エネルギー不足は避けられません。

その分、タンパク質と脂質の摂取量を増やし、エネルギーを補う必要があります。脂質はカロリーが高いので、理想は高タンパクで低脂質な食べ物の摂取です。

 

3 プロテインを摂取する

リサイズshutterstock_325567454

タンパク質が不足するとカラダは筋肉を分解してしまいます、これではトレーニングの意味がなくなります。

そして、食べ物だけからタンパク質をとろうとすると、例えば「肉を〇キロ食べなきゃいけない」というように余計な栄養素がついてきてしまいます。
タンパク質だけ効率的良くとるにはプロテインは欠かせません。

 

4 あえて適度に脂質を摂取する

リサイズshutterstock_392662147

摂りすぎはよくないのですが、適度な脂質は満腹感をもたらせてくれます。
なので、あえて油をとることも大事です。
お勧めは鶏のから揚げです。鶏肉自体は高タンパク・低脂質です。

 

5 筋力トレーニングを行うshutterstock_76711222

筋肉量を維持するためには、筋力トレーニングとタンパク質摂取が必須です。
ランニングやウォーキングなどの有酸素運動を行う方もいますが、糖質制限中はそれよりも筋力維持が最優先です。

 

6 結果が出ないときは専門家に相談を

shutterstock_323852915

2か月以上続けても変化が出ない場合、やり方に甘さや問題があるのか、もしくは体調などに問題がある可能性があります。

 

 

【まとめ】

糖質制限というと空腹感の強い印象があるかもしれませんが、実際は糖質以外はしっかり食べられます。
「何をどれくらい食べていいのか」ということは一人ひとり状況が違うので、ここではアドバイスできかねますが、ちなみに私が15年前にプロボディビルダーの方から受けていた指導では、「肉の定食と魚の定食を1つずつ頼んで、ごはんは食べるな」と言われていました。
いつもお腹いっぱいでしたが、それでも筋量を増やしながら脂肪を落とせていました。食費も2倍かかるので、この方法はあまりお勧めできませんが(笑)